HISTORY

Zodiaの歴史

創業から現在に至るまでの、Zodiaの歩んできた歴史をご紹介します。

1999

調整師・宮地啓介と研磨師・千葉文雄の二人の職人が、既存のクラブに満足できないゴルフプレイヤー向けに本物のクラブを提供すべく有限会社ケイエムゴルフプロデュースを創業。

  • ツアープロ提供モデルの製造(所属メーカー様へ納入)
  • 大手クラブメーカー様向けのアイアンヘッドOEM生産開始
  • 3次元CNC加工によるキャビティアイアンの製造の開発
  • T社所属プロ供給モデル(アイアン・ウェッジ)の製造

2002

2月

有限会社ケイエムゴルフプロデュースを資本金1,000万円に増資し、株式会社ゾディアに社名変更

4月

ZodiaウェッジZP ZS ZGシリーズ発売
米国マスターズでトム・レーマンプロ、フレッド・カプルスプロらが、Zodiaウェッジを使用する

2003

代表宮地が、女子Sプロのキャディと専属クラブ調整
代表宮地が、男子Aプロの専属クラブ調整

2004

当時の伊勢丹新宿店ゴルフ担当バイヤーの目に止まり、取引開始。また代表宮地による、地クラブメーカーとしては初となる、プロ同様の工程を経るクラブフィッティングからの販売方法を確立。

2005

Y社所属Iプロ供給モデル(アイアン・ウェッジ)の製造

2006

3月

愛知県刈谷市から知立市東上重原にプロモーションショップを移転・リニューアルオープン

5月

クラブメーカーウィルソン社様ウェッジを千葉が研磨しOEM生産

2009

M社クラブ(パター・ウェッジ)のOEM生産

2010

Zodia「RPモデル」(ルール適合品)発売
T01,T02,T03アイアン同時発売

2011

10月

「Point Five Spec」シリーズ発売
直営店 『addict』名古屋市天白区植田3丁目1306番地に出店

現Zodiaショップ本店

2012

5月

大丸松坂屋 名古屋店 取引開始

11月

CHIBA MASTER PIECEウェッジの第一弾、WMF52、58シリーズ発売。
全国約100店舗の販売店とMASTER PIECE取扱店「Apex Members」として契約し、販売網の確立。

2013

RODDIO社様「Meister C」OEM生産
CHIBA MASTER PIECEウェッジの第二弾、WMF50、56シリーズ発売。
韓国正規販売代理店と契約

2014

CHIBA MASTER PIECEアイアンの第一弾、CM-1CM-2発売。

Zodia Wood「Z901,Z901.T / Dr、Z801 / Fw、Z701 / Ut」で構成されるZシリーズ発売

T社限定クラブ(アイアン)OEM生産
韓国正規販売代理店(Zodia Korea)発足
台湾正規販売代理店との契約

2015

Zodiaウッド「OZシリーズ」発売。
CHIBA MASTER PIECEアイアンの第二弾、CM-2 Plus発売。
中国正規販売代理店と契約