千葉の技術が凝縮された懐の研磨

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゾディアが誇る千葉の最も得意とするネック形状。それは“懐”と呼ばれる部分で実際にはストレートだが微妙なグースに見えるように研磨されています。このため、構えた時のヘッドの据わりがとても良いとされています。

例えば、バンカー越えのアプローチでフェースを開いても安心感を得られ、ボールをフェース面で斜めに走らせることが出来ます。


据わりのいいラウンドソールにも千葉の研磨技術が光る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソールは、ラウンドソールでどんなライの悪い場所でもソールの据わりがいいのが特徴です。トレーリングエッジ(リーディングエッジの反対)をヒールからトゥにかけて面取りしてあるため地面との接地面積が少なく抜けの良さを感じられます。


SPEC

ヘッド素材 S25C
ヘッド製法 鍛造
仕上げ ニッケルクロムメッキ
ロフト角(±0.5) 58.0
ライ角(±0.5) 63.5
ヘッド重量(±2) 300
バンス角(±0.5) 10.0
FP値(±0.5) 5.0